UX-3Pi VS DVD-3930

 

ESOTERICのユニバーサルプレイヤーUX-3Piを導入したのでDVDの再生画質が
どのくらいなのかDENONのDVD3930と比較してみた。
元々SACDの高品位再生を目的として導入したわけだがそれとは別に価格差4倍
の機器でDVD再生画質にどの程度差があるのか興味があった。
私は評論家や雑誌の記事は基本的に話半分でしか読まないので自分の目で見て
確かめたかったというのもある。

*UX3-Piはまだエージングが80時間ほどなので本来の実力では無いかもしれません。

使用機材

フルHDプロジェクタ Victor DLA-HD1-B ランプモード高
スクリーン シアターハウス製100インチ
ユニバーサルプレイヤー ESOTERIC UX-3Pi / DENON DVD-3930 
ブルーレイディスクプレイヤー Panasonic DMR-BW200
撮影デジカメ Nikon D40
レンズ AF-S DX VR Zoom-Nikkor ED 18〜200mm F3.5〜5.6G (IF)

映像ソース
GOHST IN THE SHELL リマスターDVD / BD
イノセンス DVD / BD-ROM
かみちゅ DVD
英雄 DVD

今回機器の素性を見るためセレクタやAVアンプを通さずプレイヤーとHD1を5mのWireworld製UHH5-2で直接接続してる。
UX-3Piの出力設定は全てRGB、HDMI_EXP、72Hzとしている。

ESOTERIC UX-3Pi DVD
DENON DVD-3930 DVD
Panasonic BW200 BD
GOHST IN THE SHELL
  メリハリの効いた画作りでコントラストが高く色乗りがこってりしている。しかし左下の影になっている部分等を見ると暗部の諧調が潰れてしまっている。 UX-3Piに比べるとコントラストは低めだが素直な色で見やすい。若干黒が浮いているが暗部の諧調も潰れずに表現されていることがわかる。全体的にUX-3Piよりシャープさが劣る印象を受ける。 さすがの解像感で看板の文字も判読可能。やはり情報量ではDVDを圧倒する。
イノセンス
  ぱっと見派手で元気の良い画作りだがやはり暗部は潰れてしまっている。 暗部から明部までリニアな諧調表現で派手さは無いが自然な画作り。 映像のキレとディテールまで見事に再現する解像感はやはりBDの勝ち。

 

ESOTERIC UX-3Pi DVD
DENON DVD-3930 DVD
かみちゅ
英雄
ちょっと色が濃すぎる上赤味が強い。甲冑も暗部が潰れてしまっている。 諧調表現や色の自然さはUX-3Piより自然。

 

比べてみると滲みの少なさや映像のキレではUX-3Piに分があるように思えるが、暗部の諧調表現に関してはDVD-3930の方が優れている。画作りの傾向としてはUX-3Piはメリハリの効いた派手目なのに対しDVD-3930はソースに忠実で大人しめだが素直な印象をうけた。UX-3Piはガンマ調整が可能なので黒潰れを調整で改善出来ればトータルでDVD-3930を超えるかもしれない。しかし価格差を考えるとDVD-3930のコストパフォーマンスの高さはかなりのアドバンテージだろう。
雑誌等でみると何やら怪しげな表現で高画質さをアピールしているのを良く見かけるが、はっきりいって私にはまったくピンと来なくてコイツ等何言ってんだ?状態。今回こうして比較してみても分かる通り高価な器械を使っても劇的に画質が向上するわけではない。
私の実験が良くなかったのかもしれないが少なくとも今回の結果を見る限り撮影した画像をモニタ上で見比べないと分からないくらいの差しか出ず(黒潰れはさすがに分かるが)UX-3PiのDVD再生の実力は映像という点においてはDVD-3930より劣ると言わざるを得ない。
ここでは示していないがビデオ素材のDVDをいくつか見たが結構な頻度でI/P変換のミスがみられた。
以上のことからビデオ素材(アニメ)を主に視聴し映像に重きを置くのであればDVD-3930をお勧めする。さらに上を目指すならDVD-A1XVAまでだろう。
という訳で私はUX-3PiをCD/SACD専用に使用したいと思う。
最後にUX-3Piはフレームレートコンバータを内蔵しており72Hzで映像を出力できるのでフィルム素材のDVDを再生するならこちらのほうが有利かもしれない。それとよく高級ユニバーサルプレイヤーの視聴記事等みるとDVDでもまだ十分いけるというコメントを見かけるが、見比べると一目瞭然でDVDではどうあがいてもBDのHD映像には敵わない。地上、BSディジタル放送でHDを見慣れてしまった以上セルDVDなんて買う気も起こらないので各メーカーはもっと新作をBDで出すべきだと思う。

 

                                                                                                                            2008/1/13