今回フルHDプロジェクタであるVictorのDLA-HD1を導入しましたので
簡単にソースや入力信号の違いによる比較をしてみたいと思います。

使用機材

フルHDプロジェクタ Victor DLA-HD1-B
スクリーン シアターハウス製100インチ
DVDプレイヤー DENON DVD-3930 
ブルーレイディスクプレイヤー Panasonic DMR-BW200
LDプレイヤー Pioneer HLD-X9
AVセンター Integra DTX-7.7
デジタルカメラ Panasonic DMC-FX07

映像ソース
劇場版カードキャプターさくら(1作目) LD、DVD
イノセンス BD-ROM

BW200、3930とAVセンターは1.2mのBelkin製HDMIケーブルで接続し、
AVセンターとHD1は5mのWireworld製UHH5-2で接続しています。

DVD-3930で再生し入力信号を変えています。
左が480iで右が480pです。(画像をクリックすると拡大します。)

480iで入力しHD1のVXPでI/P変換した方はシャギーが出ているのがわかります。一方3930でI/P変換し480pで入力した方は滑らかです。
VXPも優秀なプロセッサですが、やはりI/P変換はREALTAの方が上ですね。

 

左が1080iで右が1080pです。(画像をクリックすると拡大します。)

あまり差は見られませんがやはり1080pで入力した方が輪郭がはっきりしています。

上記を踏まえるとI/P変換は3930で行った方が良いといえますが、スケーリングは
HD1のVXPで行った方が若干良いと感じました。
DVDを視聴する場合は3930で480p出力したものをHD1で1080pにスケーリングするのが
良いかもしれません。
追記
舞-乙HiME-Zweiのタイトルロゴでは3930で1080p出力の方が断然綺麗でした。
やっぱり3930を持ってるなら1080p出力が良さそうです。

 

おまけ
LDソースをS、コンポーネント、HDMIで入力した時の比較です。
S映像はHLD-X9から10mの安物ケーブル(笑)でHD1に入力しています。
そのほかはDTX-7.7の内部変換でS信号をコンポーネントおよびHDMIに
変換したものを5mの安物コンポーネントケーブル、5mのUHH5-2で
それぞれHD1に入力しています。

S入力。左が4:3レターボックスで右がHD1でズームしたもの。(画像をクリックすると拡大します)

 

コンポーネント入力。左が4:3レターボックスで右がHD1でズームしたもの。(画像をクリックすると拡大します)

 

HDMI入力。左が4:3レターボックスで右がHD1でズームしたもの。(画像をクリックすると拡大します)

なぜかコンポーネント入力のみ赤味がかってます。原因がDTX-7.7なのかHD1なのかまたは安物のケーブルなのかは調べてませんが
どちらにしろLD入力ではかなり画質的に辛いということがわかりました。やはりアナログSDソースでは固定画素のフルHDプロジェクタの魅力を
十分に引き出すことは難しいようです。

 

さらにおまけ
ブルーレイ版イノセンス(画像をクリックすると拡大します。)

BW200で1080i出力しています。HDソースの美しさはまさにため息物。

 

 

番外編
HD1はPC入力には非対応となっていますが、DVI-HDMIケーブルを使い1920×1080ドットで入力してあげればDot By Dotで表示可能です。
それ以下の解像度を入れると強制的に16:9にされてしまいます。
GeForceのアスペクト比を固定して拡大という機能を使うとゲーム画面をフルスクリーンにしてもきちんと表示されます。
※ドライバのバージョンによりうまくアスペクト比固定拡大機能が動作しないようです。(最新にしたらダメでした)
 全てを試したわけでは無いですがForceware81.98だと正常動作しました。

webを開いた画面。フォーカスはかなり良いです。(画像をクリックすると拡大します。)

 

ワイド仕様のPCゲームをフルスクリーン表示したもの。(画像をクリックすると拡大します。)

 

4:3のPCゲームをフルスクリーン表示したもの。(画像をクリックすると拡大します。)

左右に黒帯の付いた16:9表示になりアスペクト比が崩れずに表示されます。