第三回DVデッキの実力

DVを導入したので今まで気になっていたとD-VHSとの比較をしたいと思います。いろいろな人の意見を見ている限りでは
DVとD-VHSとでは画質、音質ともに圧倒的にDVが上という意見が多いです。しかし私がD-VHSを導入したときに試したかぎり
画質に関してはD-VHSのSTDはW-VHSのSDと同等だと感じました。今回DVの導入にあたりやっと自分の目でその結論を
つけることが出来ました。結論から言うと画質に関しては差はないです。私の目が悪いのか、使用機材がショボいのかも
知れませんが、私には画像だけを見せられてD-VHSとDVの区別をつけることは出来ません(断言)。どちらもマスター
クオリティと同等の録画品質です。コレを見分けられるとは尊敬に値します。音質に関してはテレビのスピーカーの様な
オマケ程度のスピーカーでは違いは認知できるレベルではないと思います。確かにフォーマット上リニアPCMとMP2では
勝負にならないと思いますが、それなりのアンプとスピーカーを繋がない限り気にはならないでしょう。
ただ、HITACHIからリニアPCMで音声記録できる機種が発売になっているの音質に関しても既に同等だと思います。
D-VHSの場合まだ録画の信頼性が低いと思います。今まで使った限り音声が記録されなかった事が2回ほどあった上
ブロックノイズで画像が乱れることもありました。まだまだ安心して使えるとは言いがたいですが、低ランニングコストと
高画質を両立させた素晴らしいフォーマットだと言えるでしょう。
DVのネックはランニングコストの高さと記録時間の短さに尽きます。それ以外は恐らく完璧でしょう。まだ使い込んでないので
結論付けるのは早計かもしれません。ここぞというときにはDVかW-VHSとなると思いまが、無劣化と編集の容易さでDVが上でしょう。

以下にまとめてみました。これは今私が使用してる状態での判断です。

フォーマット
画質
音質
信頼性
ランニングコスト(SP)

最大録画時間

S-VHS (HR-X7) 9(SP) | 6(EP)
10
10
125円/h
540分
W-VHS (HR-W5) 10(SD)
10
10
370円/h
540分
D-VHS (DT-DR20000) 10(STD) | 8(LS2) | 5(LS3)
9
7
170円/h
24時間
DV (WV-DR7) 10(SP) | 10(LP)
10
10
660円/h
405分