カードキャプターさくらBD-BOXとDVDとの画質比較

セル画TVアニメの最高峰といえるCLAMP原作のカードキャプターさくらが
満を持してBD-BOXにて発売になりました。このアニメは非常に手間がかかっている
というのでも有名で、さくらを含むキャラクターの私服がほぼ毎回異なっていたり
さくらのバトルコスチュームが毎回異なるためレリーズ時にバンクが使え
なかったりとマッドハウスの作画陣の苦労が伺えます。そのため制作費も相当
かかっているはずですが、NHKの資金力に物を言わせて製作されているのでしょうw
これまで何度か再放送されており、MUSE方式時代のアナログハイビジョンで再放送
された時はHR-W5(定価34万円)が相当売れたという噂もありますね。
このアニメの特徴の一つとして根っからの悪者が一切登場しない等ありますが
作品中で描かれる恋愛がタブーだらけというのも挙がるでしょう。
まあ色々と伝説のある作品ですのでBD-BOX発売を待っていたファンは多いはずです。

BD-BOXの中身はBDのパッケージが4つでジャケットはレンタル版の使いまわし?。ディスク7枚にクロウカード編46話を収録しています。
音声仕様は紆余曲折ありましたが、オリジナルの2chリニアPCMステレオと5.1chリニアPCMサラウンドの2バージョン。
注目の映像仕様はオリジナルの35mmネガフィルムをHDテレシネし、フィルム修正を加えたHDマスターを新たに起こしています。
通常TVアニメは8mmフィルムが主流ですがそこは資金力のあるNHKですね。

右の2つが比較用のバンダイ版DVD

今回の比較もマクロスF時と同じくHD1で投影したスクリーンをD300で直接撮影しています。
比較用画像は左側にブルーレイ版、右側にDVDを重ねていますが、色合いの違いを少なく
するために調整してあるため、本来の色合いとは異なります。本来の色は下にある別々の
画像サンプルを参照ください。また、比較用DVDはバンダイより発売された単品DVDになります。
アナログハイビジョンをHR-W5で録画したソースもあるのですがHR-W5が不調なので残念
ながら諦めました。4月からBS-hiでも再放送が始まりますのでその時にまた追加で比較 するかもしれません。

DVDはコーミングノイズ出まくりなのに対し、BDは輪郭が非常にシャープです。何より黒の沈み込みのおかげで締まって見えますね。

青空のクリアさが違いますね。BD版は舞い散る桜の花びらも見事です。

ここでは調整していますが、全体的にBD版の方が色が自然です。

やはりBDとDVDの画質の差は歴然としています。

以下は比較用に調整する前のカットです。左がBDで右がDVDになります。BDはBW-800、DVDはUX-3piでそれぞれ再生しています。

今回の比較でも一時停止して撮影しているため、DVDのコーミングノイズが顕著に目立っていますが
実際に動画としてみるとそこまで酷くはないです。しかしBD版の輪郭のシャープさを見てしまうと
DVD版は視力が落ちたかの様にボケて見えてしまいます。また、色合いもBD版は彩度が高い傾向に
ありますが自然に見えます。DVD版は全体的にくすんでいるのがわかるかと思います。

音声もオリジナルは2chステレオですが、新たに5.1chサラウンドを収録しておりこれが結構新鮮です。
多少誇張気味なサラウンドではありますが、それぞれのチャネルで音声がしっかり分離しているので
台詞がセンターにビシっと定位するだけで雰囲気がガラリと変わりますね。また、音場の形成も
中々で何度も見たエピソードですら一味違った印象を受けます。
音声自体も非圧縮48kHzのリニアPCMなのでBGMにも台詞にも厚味があります。

46話収録で約8万円と確かに高価な印象を受けますが、Amazonでは6万円で買えるので1話あたり
1,300円ですね。これを高いと感じるかは人それぞれでしょうけど、このレベルの映像と音声なら
私は高いとは思いませんね。以前はさくらの為にもっと高いHR-W5を購入してますからw
とにかくセル画やフィルムの粗さえ如実に描き出すHD画質のさくらは一見の価値ありでしょう。

以上簡単にですがカードキャプターさくらBD-BOXの画質レビューとDVDとの比較でした。

ななの館チラシの裏へ戻る