マクロスF1(BD)と地デジ版との画質比較

地デジが始まりアニメがHD放送になってからというのも、例え放送がアップコンバート
であろうと所詮SDでしかないセルDVDは画質で大きく遅れをとっていました。
私も放送画質より劣るセルDVDに見切りをつけここ数年は一部のOVAを除き全く買わなくなっていました。
そして遂にこのマクロスFを皮切りにBlu-rayがDVDと同時発売される時代が来たことを嬉しく思っています。

今回は地デジ放送第一話とBD収録の第一話との画質を比較してセルBDが放送画質に対しどの程度の
アドバンテージがあるのかを見ていきたいと思います。まずはさらっとお互いの仕様を表にします。

ここでは映像と音声だけです

  Blu-ray 地デジ
解像度 1080p × 1920 1080i × 1440
音声 リニアPCMステレオ AACステレオ

以下の画像は左がBD版、右が地デジ版になります。地デジ版はDR録画したBD-RをBW200にて再生しています。
BD版も同様にBW200で再生し、共にDLA-HD1でスクリーンに投影した映像をD300+シグマ 50mm F2.8 EX DG MACRO
にて撮影したものです。ISO400、シャッタースピードは1/10秒、F値は2.8で全て同じ条件です。

地デジ版全体的にフォーカスが甘くボケ気味。空の諧調もBDは非常に滑らかです。クリックで大きな画像が開きます。

 

クリックで大きな画像が開きます。

上の画像の拡大

BD版は輪郭線のクロスカラーが皆無。

 

地デジ版は襟のえんじ色の部分にMPEGの圧縮ノイズが見られます。テロップの文字もBD版はくっりきしてます。

 

クリックで大きな画像が開きます。

 

BD版の方が輪郭線がはっきりしています。

 

クリックで大きな画像が開きます。

 

BD版はサスペンダー部分のコーミングノイズが皆無で色滲みも最小限。

 

上と同様に前髪のコーミングノイズの有無に注目。

 

クリックで大きな画像が開きます。

 

BD版は破片の細部まで見て取れますが地デジ版は見えなくなっている物もあります。

 

クリックで大きな画像が開きます。

 

BD版は圧縮ノイズも見られず色が綺麗です

放送版のマクロスFは画質が良い方なので明確な差がでるのか不安でしたが
はっきり見て取れるほどBD版は高画質でした。やはりHD製作作品のBD版の
画質は目を見張るものがあります。SD解像度のDVD版をVP50PROでHD化した
ところで放送画質に届くかどうかというところでしょうからDVD版にお金を
だすのはもったいなさ過ぎですね。今回は触れてませんが音声に関しても
リニアPCMなので奥行き感や音の厚味が全然違います。贅沢を言うなら
5.1CHサラウンドで収録して欲しかったですがw