機動戦艦ナデシコBD-BOXとDVDとの画質比較

先ずは劇場版から見てみましょう。再生環境はいつもの通りで
BDがBW200→HD1、DVDがDVD-3930→HD1で、スクリーンをD300で撮影しています。
左の画像がBD版で右がDVD版になっていますが、ルリルリのカットが多いのは私の趣味ですw
実は撮影した画像をPCで確認したら少々ソフトフォーカス気味に写ってまして
面倒なのでそのまま掲載しています。実際にはBD版もDVD版もこれよりは
多少シャープです。特にメニュー画面のルリルリはピクセルが分かるくらい はっきりしています。

                   BD版                                         DVD版

浴衣のルリルリがイイ!ポスターの文字はDVDでは潰れ気味ですがBDはくっきりしていますね

ムサシヤから発売された喪服ルリのオリジナル

劇場版はユリカの出番が殆ど無いのでユリカ分を出来るだけ追加

劇場版はソースが良いのか、DVD版でも結構頑張っている様に見えます。
とはいえBDとの差は歴然で色合いや圧縮ノイズ、輪郭のシャープさ等
圧倒的でさすがHDです。SDとは違うのだよ、SDとは!

ここからはTV版の比較になります。ソースは18話と19話。この2話を選んだ理由は分かる人には分かるでしょう。

オープニングのワンカット

同じくオープニングからメグミさん。本編は画質に波がありますが、OPは凄く綺麗です

スタチャの回線をパンクさせた伝説の名曲

TV版は劇場版に比べると画質は劣りますが、DVDとの差はTV版の方が
明確に出ています。TV版のDVDはこんなに酷かったっけ?と比較していて
改めて気づきました。時間の関係上超手抜きですが機動戦艦ナデシコの画質比較でした。
やはりセルアニメこそHDテレシネしてBDで再販すべき。DVDなんてもう販売する必要ないと思います。

ななの館チラシの裏へ戻る