アニメの最近のブログ記事

12月としては記録的な高温となった12/11日の翌12日、三ツ峠に登りました。
天気予報では晴れ時々曇りでしたので、今回こそはと意気込んでいきました。
去年はガスで展望ゼロでしたからね。
前回の乾徳山から1ヶ月ぶりの山行になります。この時期になると早起きが
辛くなりますが、この日は最低気温が10℃くらいで比較的暖かかったです。
家を7時過ぎに出発し、今回はだるま石まで車を乗り入れました。

mitsutouge01.jpg
8:11だるま石を出発
2回目となる今回はちょっとペースを上げて登ることに。
ここからのコースタイムは山と高原地図によると山頂まで2:30です。

mitsutouge02.jpg
林道をショートカットしてここから本番

mitsutouge03.jpg
最初のほうはベンチがありますが、後半にももっと欲しいかも

mitsutouge04.jpg
8:36股のぞき
うん、富士山見えませんね

mitsutouge05.jpg
8:48馬返し
ここから先は道が険しくなります

mitsutouge06.jpgmitsutouge07.jpgmitsutouge08.jpgmitsutouge09.jpg
樹林帯をひたすら歩いて9:17八十八大師到着。だるま石から66分。
コースタイムだと100分です。

mitsutouge10.jpgmitsutouge11.jpg
けっこう崩れてるところがありますが、こんなだったっけ?

mitsutouge12.jpgmitsutouge13.jpg
ここは確かにこんな感じだった

mitsutouge14.jpgmitsutouge15.jpg
2軒ある山小屋への分岐。
ここから山小屋までの階段がこのコースで一番キツイ

mitsutouge16.jpg
MHKの電波塔を過ぎて

mitsutouge17.jpg
この階段を登れば

mitsutouge18.jpg
山頂到着!
時間は9:52、だるま石から101分でした。
山頂はというと曇りそして小雪が舞っており富士山は当然見えず
しばらく山頂付近で粘ることにし、御巣鷹山へ行ってみることに。

mitsutouge19.jpg
氷が張ってます

mitsutouge20.jpg
このあたりが御巣鷹山ですが、電波塔があるだけ

mitsutouge21.jpg
三ツ峠に戻ってきました。だいぶ明るくなってきましたね!
ご飯を食べつつ待ちます

mitsutouge22.jpg
夢馬クッキーおいしいです

mitsutouge23.jpg
ついに富士山登場!
山頂にいた人たちからも歓声があがります

mitsutouge24.jpg
70-200mm f4で撮った富士山

mitsutouge25.jpg
南アルプス、甲斐駒ケ岳、北岳も見えてきました

mitsutouge26.jpg
三ツ峠の石碑と富士山
逆光になるので当然こうなります

mitsutouge27.jpg
暫く山頂で富士山を眺めて満足したので下山

mitsutouge28.jpg
四季楽園もヤマノススメ推し

mitsutouge29.jpg
下山途中でもいたるところで富士山が見えました

mitsutouge30.jpg
股のぞきからの富士山はこんな感じです

mitsutouge31.jpg
だるま石に到着
到着したとき同様停まってるのは私の車だけでした。

mitsutouge32.jpg
本当は温泉に入りたいところですが、巡礼で来ている以上、一度くらいは
三ツ峠グリーンセンターのお風呂に入っておくか。

mitsutouge33.jpg
グリーンセンターにもありました。

山頂に着いたときはまた出直しかと諦めかけてましたが、綺麗な富士山が
見れて満足でした。本来ならスキーに行くつもりだったのですが、
記録的な雪不足で関東甲信のスキー場は軒並み営業を延期しており
オープンしてても一部コースのみという状態なので、年内最後の山行のつもりで
三ツ峠へ登りました。


・トリアージX
女キャラのボディラインデザインが下品過ぎて反吐がでそう。
1話切り余裕の詰まらなさですね。

・えとたま
Aパートで見る気が失せてきました・・・
ドラえもんで味を占めた白組がCGを見せたいために作った作品のようだ。
そしてあの伝説のメガネブ!!を手掛けた赤尾でこがシリーズ構成というのも
また不安要素。三重野瞳は曲だけ書いてればいいと思うよ。風の翼は名曲。
12支+猫の擬人化アニメといえば名作フルーツバスケットが思い浮かび
ますが、あれとは全然違いますね。CGバトルの必然性と作品の方向性が
うまく噛み合えば見れる作品になるかもしれませんが木~土曜のアニメが
多すぎるので早々に見切りたい一本です。

・俺物語
0話切りしなくてよかった・・・。1話の掴みだけならトップクラスです。
監督はCCさくらで神格化(私の中で)されている浅香守生。少女漫画を
手掛ければ流石ですね。これは結構期待できそうで今後楽しみです。

・放課後のプレアデス
数年前のOVAは良くわからん作品でしたが、今回のTVシリーズは作り直し
ということですのでOVAを見てなくても平気のようです。
何はともあれスバル車乗りとしては見ないわけにはいきませんがw
魔法のほうきの代わりがドライブシャフトとパーツ名そのままになってますが
並の車好きではドライブシャフトを直接見る機会など無い気がします。

・ミカグラ学園組曲
カゲプロと同類のにおいを感じると思ったらそういうことですか。
ここ数年の動画工房作品は期待度が高くなるのですが、1話はかなり微妙。
ニコ厨相手に人気があったからと言って面白いアニメになるとは言えない
ということは歴史が証明しています。動画工房の力をもってしてもどうなるか・・・


・パンチライン
勢いだけはあるがそれだけな気がする作品。ノイタミナは何処へ向かっているのか
ハズレの少ないノイタミナですが、これは売れるとは思えない。そもそもこの枠の作品
のファンはこういう作品は求めてない気がします。冴えカノもそうでしたが新規層の獲得
を模索しているのでしょうか。とりあえず本作はロリガと同じような末路を迎えそう。

・ハロー!!きんいろモザイク
待望の続編にして今季の癒し枠。日々仕事に追われる中の一滴の清涼水ですね。
こういう日常系アニメは内容はほとんど無いのであまり語ることも無いのですが・・・


・響け!ユーフォニアム
ウリの作画も他社のレベルアップに伴い薄れつつある京アニの新作ですが、毒にも薬にも
ならないような1話でしたね。京アニには深くのめり込めるような作品を作って欲しい
のですがここのところの低迷振りだと期待薄かも。作画だけで釣れる時代はもう終わった
のです。

・SHOW BY ROCK!!
2話まで見ましたが、3話切り秒読み前という感じ。作風としては深夜枠(一応深夜という
時間ではないですけど)にやるような感じじゃなく、どっちかというと休日の朝にやれば?
と思わなくも無いですね。

随分と更新をサボってました。
1月末に新車が納車され、その後休みはほぼ出かけていたため
更新する気が起きなかったのが原因だったりします。
休日のみの運転ですが走行距離は納車10週で6800kmほどと
中々のペースです。その中でアニメも消化していたのですが
見るだけで精一杯という感じ。4月からはもう少し考えないと・・・。

冬の新番組で面白かったのは、期待していた冴えカノだけでしたね。
前評判の高かった艦これとデレマスは個人的にはイマイチ。
特に艦これは何が面白いのか分からずに全然でした。可愛い女の子が
見たいだけならラノベアニメと何も変わらないのでは。
ストーリーがある分デレマスの方がまだマシですけど、話が面白い
わけでもないので・・・。結局この2作品はキャラに思い入れがあるか
無いかで大きく評価が変わるんだと思います。もっと言えば
元のゲームへのハマり具合によるんだと。私みたいにゲームは
まったくやってない人にはちょっと面白さが伝わりにくい。
逆に私は原作好きだったせいで冴えカノの評価が高かったのかも
しれません。この作品は無理に1部の最後までやらなかったのが
良い方に転んだ気がします。やってたらきっと尺が足りずに
もっと叩かれていたことでしょう。1巻の売り上げも好調ですし
2期も夢じゃないでしょうから是非1部の最後までやってほしい。
 冬の新番組は全体的にパッとしませんでしたが2クール目の
作品は楽しめた物が多かったです。白箱、アルドノア、クロアンと
個人的には面白かったです。特に白箱はP.A.の最高傑作なのでは?


それでは春アニメの初回感想です

・ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか
アニメ化発表前からの原作ファンで、今期の期待作その1。
アニメ製作はJ.C.STAFFで第一話を見た感じこれはいいJ.C.の予感。
頭の中ではヘスティアのCVは田村ゆかりで再生させていたのですが、
水瀬いのりも悪くないですね。初回は期待どおりという感じですが
ちょっと進行が早い気がするのが不安です。

・プラスティック・メモリーズ
動画工房の初オリジナルアニメということで今期の期待作その2。
ただ、1話はあまりにあざとく涙を誘う構成に麻枝の2番煎じか!と
一気に冷めてきました。麻枝もそうですがこういうのって逆に
まったく泣けない上に超寒いんですけど・・・。でも一応本作は
ラブコメということらしいので今後に期待したいです。

・長門有希ちゃんの消失
ハルヒにハマった身としては見ておかねばと思いましたが
超つまんなかった・・・。長門の魅力がハルヒの半分以下に
なってる気がする。

・リリカルなのはViVid
原作漫画は一応購読してるということで視聴。
可愛い女の子が笑顔でガチ殴り合いするスポコンものです。
タイトルにリリカルなのはとついてはいますが、これまでの
なのはシリーズとはほぼ別物と考えて視聴すべき作品。
アニメの1話からして作画に不安を覚える出来なのは
どういうことか。正直原作漫画も面白いかと問われると
返答に困るのですが、キャストは豪華なのでそれ目的で
視聴すると思います。

・やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。続
今期の期待作その3。とはいえ製作スタッフがガラリと変わっての
2期ということで若干の不安もあります。
全体的にキャラデザが洗練されており、八幡はかなりイケメン化
してますし、材木座は相当痩せてるように見える。ガハマちゃんと
ゆきのんの可愛さが増しているのはファンとしてはうれしいところ。
1話の冒頭、1期ラストのバンドシーンをわざわざ書き直してる
のを見ると予算が増えたのかなぁなどと邪推してしまう。
本編は安定していると思いますが、これまた消化ペースが早い
気がするのが不安要素ではありますね。

・レーカン!
キャラデザが今風ではないのでなんとなく懐かしく感じてしまう。
冒頭を見たところ意外と面白い?とか思ったりしましたけど
なんか幽霊ネタがクドいというかテンポが悪いというか、やっぱ
ダメかも。百合要素があるならそれ目的で見るのはありかもしれ
ません。ただ、主題歌は結構好きです。

・終わりのセラフ、ガンスリンガーストラトス
見たけど特に言うこともないので感想は省略

・新妹魔王の契約者
・銃皇無尽のファフニール
・精剣使いの禁呪詠唱
これとアブソリュートが今期のラノベ原作クソアニメカルテットですね。
どれも似たり寄ったりで目新しさが無く、1話切りしてもいい感じですが
一作品だけ敢えて挙げるとするなら私は精剣使いの禁呪詠唱でしょうか。
ここまで突き抜けてると笑いのネタにはなるかと思いますよ。
他の3作品はコレに比べると中途半端感が拭えません。それにしても
同じクールに同じようなテンプレラノベ作品を4本もアニメ化するなんて
リソースの無駄遣いでしょうに・・・。

・夜ノヤッターマン
新番組開始直前に一通りチェックしていた時に、公式サイトを見て
面白そうと思ってしまったのがコレ。それまではタイトルでスルー予定でした。
第一話は予想通り面白かったし、今後への期待が高まる引きだったと思います。
ドロンボー一味の子孫がヤッターマンの子孫に復讐をするというスピンオフ作品で
原作、製作はタツノコプロ。ご先祖様の犯した罪を今も償い続けるドロンボーの
子孫に対し、正義の味方ヤッターマンを邪悪に描く演出が凄い。

・ローリング☆ガールズ
ケレン味のある作画でガイナ系かと思いきやWITS STUDIOのオリジナル作品。
所沢vs東村山という関東ローカルネタがウケるかどうか不明ですが
1話としては見ごたえはありました。ただし、1話が似たような印象だった
ズヴィズダーの例もありますし、現時点での評価は保留にします。

・純潔のマリア
話としては新番組ではトップクラスで、今後にも期待できそうな良作の予感。
もやしもんは肌に合わなかったですが、これはよさそうですね。
原作のキャラデザよりとっつきやすいのもポイントが高い。

・冴えない彼女の育て方
初回からまさかの番外編とは思い切った構成で来ましたね。
原作未読の視聴者にとっては登場人物すら分からないので完全に原作読者
向けだったと思います。ただし、私のように原作好きで7巻まで読了している
信者にとってはニヤニヤが止まらない回だったのではと思います。
今回の0話は時系列的には1部の冬コミ前、原作では6巻前あたりかと思われます。
原作者の丸戸氏はエロゲ業界において私が一番好きなライターです。
ただし、過去アニメ化された丸戸氏の作品は原作ほどの破壊力は発揮
出来なかったのが悔やまれます。今回は原作がラノベですが、アニメ化で
どこまでやるのかが気になります。7巻の発行をアニメ開始に合わせたようなので
1部完までというのが有力ですが、1クールで7巻を消化すると相当
駆け足になりそうで怖いです。しかも0話で番外編やってますし・・・
上手く纏められれば今期のダークホースになれると思うのですが果たして。

・艦これ
何このガールフレンド(仮)臭は。一応今期の覇権候補筆頭と言われてますが
完全なキャラアニメですね。ゲーム未プレイでキャラに思い入れの無い人に
果たして訴求できるのでしょうか? それと製作のDiomediaは今期いくつも
作品を抱えているのでクオリティも心配です。ただし、角川が力を入れているので
他作品を捨ててでも作画は保ってくるのではと思っています。
1話はとにかく登場キャラが多くて何がなにやら。確かに作画のクオリティは
高かったですが、話は無いに等しく、次回が気になることもありませんでした。
キャラ人気だけで本当に覇権が取れるのか疑問が残ります。

・幸腹グラフィティ
シャフト製作というのが気になってましたが、シャフト臭を抑えていたため
普通に見れました。今期は面白い新番組が少ないのでコレでも結構見れる作品ですね。

・暗殺教室
原作は読んだことありませんが、ジャンプ漫画らしく、最低限の面白さはありますね。
渕上舞の少年声が実に素晴らしいというのが1話の率直な感想。
今期新番組の中では面白いほうでしょう。

・蒼穹のファフナー EXODUS
なぜ今続編なのかというはおいて置いて、1期の内容はかなり忘れてましたが、
1話を見ているとなんとなく思い出してきました。
なつかしいなぁーというのが先行した1話でしたが、続きはみてみようと思います。

・アイドルマスター シンデレラガールズ
評判はいいようですが、艦これと似たような雰囲気を感じました。ストーリーが
ある分こっちのほうがゲーム未プレイでキャラも知らない人にはとっつきやすいと思います。
しかしA1は今期も掛け持ちが多くて大変ですね~。

新番組を一通りみた感想ですが、今期は冴えカノ、マリア、ヤッターマン以外は
パっとしませんね。それに比べると2クール目のアルドノア、白箱、アンジュは安定して
面白いです。

すでに年をあけて1週間がすぎました。
今年も仕事が忙しい予定なので年始早々鬱です。

年始といえば冬アニメ。しかし冬の新番組はめぼしい作品があまり無いです。
期待しているのは、冴えない彼女の育て方くらいでしょうか?
艦これは特に興味ないですし、新番組としては本当に何も無い気が・・・
これはもう春に期待ですかね。

・ユリ熊嵐
凄いタイトルかつ、内容がまったく想像できないのが既に幾原監督らしいですね。
1話見ましたがあー、幾原作品だなぁという感想しか出てきませんw
この訳の分からなさが楽しめる人にはいいと思いますけど、玄人向けなのは
間違いない。

・アブソリュート・デュオ
昨今巷に溢れているテンプレラノベアニメという言葉がぴったりかも。
今年の松岡無双第一弾。松岡君嫌いじゃないけど流石に同じような役で出すぎて
ちょっと飽き気味です。この手のラノベ物はもう大当たりすることは無いと思うのですが
原作の宣伝と割り切ってるんでしょうかね?それとも原作が枯渇してきてるのだろうか。
ところで戸松キャラは1話で退場なのでしょうか?だとすると一気に見る気が
無くなってしまいます。

ご無沙汰しております
ここのところずっと仕事が忙しくて、ほぼ毎週休出のため週休1日が続いており
どこにも出かけられずストレスがマッハですw
アニメは何とか消化しています。秋アニメは白箱とゆゆゆのマラソンに参加しました。

今日最終回だったヤマノススメですが、良いアニメでしたね~。オリジナルを結構
挟んだ作りだったおかげで原作の補完ができたのがGOOD。ネタはまだあるので
是非とも3期を期待したいところです。
そしてヤマノススメは2000年以降もっとも私に影響を与えた作品かもしれません。
趣味の一つに登山が加わったこと、更に山に登り始めてから車があると便利だな
と感じていたのですが、先日ついに新車(フォレスター2.0XTES)を契約してしまいました。
納車は来年になりますが、その時にまた紹介すると思います。
というわけでヤマノススメのおかげで結構私の生活が変わりつつあります。

ヤマノススメ絡みで山は登っていますが、飯能巡礼はまだだったので
10/11に行ってきました。ウチから飯能までは電車で行くと乗継を含め1時間程
かかります。距離は30km弱なので自転車だと20km/hで1時間半くらいです。
それならばと自転車で行くとこに。行きの所要時間は予想どおり1時間半くらいでした。

Nexus5を自転車に取付てgoogleマップのナビを使用。液晶付けっぱなしだと
電池が持たないのでAnkerの15000mAhのUSBバッテリーを接続します。
それでも供給電力より消費電力の方が大きいようで、わずかずつ電池が減って
いきます。まあスマホの電源が切れるまで24時間くらいかかりそうなので
普通に使う分には支障はないでしょう。

今回はどうせもう一度行くつもりなのであまり下調べをせず適当に回ることに。05.jpg
飯能ぎんざ
本編で何度かでてくる商店街です。土曜の昼時ですがあまり人通りは多く
ありません。地方の商店街なんてこんなもんですよね。
それでも巡礼客と分かる人は結構見かけました。

01.jpg02.jpg03.jpg04.jpg
商店街には主要4キャラの立て看板がお店の前に立っており、ヤマノススメで
地域振興をしようという雰囲気を感じます。

06.jpg
能ぎんざから天覧山まで行く途中の中央図書館

07.jpg
中に巡礼ノートがあります。

08.jpg
天覧山入口にあるタイムズマート。とてもヤマノススメを推してる
素敵なコンビニです。楓さんがお出迎え。

09.jpg10.jpg11.jpg
ヤマノススメコーナー。かなり本格的です。

12.jpg
登山道入り口
天覧山の標高は195mで、登山道入り口は120m程度あるため標高差は
70m程度しかありません。登り始めてもあっという間に頂上ですのでんぽ感覚ですね。

13.jpg14.jpg
分かれ道。1期ではひなたとあおいは右へ、2期ではあおい一人で左へ
行っています。今回は左から登ります。

15.jpg
分かれ道を左へ行くとすぐ地蔵があります

16.jpg

17.jpgのサムネール画像
地蔵を過ぎると段差の大きいちょっとした岩場があります。
ここの景色は結構いい感じです

18.jpg
岩場を過ぎるとすぐに頂上の展望台が見えてきます。

19.jpg20.jpg
頂上へ到着。入り口からゆっくり歩いても20分かからないくらいですね。
周りが開けているので標高の割に見晴らしが良い。
高尾山より全然見渡せますw
ここでお昼を頂きます。商店街で買ったパンは美味しかった~

21.jpg
2期だとここから多峰主山へ行きますが、今回はこのまま下山。
ちなみに多主山へ行くには一旦標高130mくらいまで下りますので質下山ですね。

23.jpg
観音寺
作中あおい達がよく座っている白い像がいるお寺。

24.jpg
アニメで見慣れていたせいで特に違和感を感じませんでしたが
考えてみればすごく不思議な空間。

25.jpg
ここでもヤマノススメ推し。痛絵馬もたくさんです。

26.jpg
社務所にはヤマノススメ絵馬やクリアファイルが売ってます。

27.jpg28.jpg
この後は飯能河原を経由してドレミファ石へ
ども図書館の先の赤い橋からは飯能河原が見渡せます

29.jpg
ここから少し進むと、木材所があります

30.jpg
ドレミファ石の看板が。
自転車だとすぐですが、歩きだと作中どおり30分くらいかかると思います。

32.jpg
入間川まで下ります。

31.jpg
増水すると渡れなくなりますが今日は大丈夫

33.jpg
水が綺麗で涼しげですね。

34.jpg
アニメだともうちょっとすっきりしてますが、夏の間に植物が生長したのか
吾妻峡の看板が見づらくなってました。

35.jpg

今回の巡礼はここまで。すでに16時ですので来た道をります。
自転車だと行きはよいよい帰りは恐いですね~
帰りは疲れているのでまったりと走り、18時に到着。総走行距離は70kmくらいでした。

22.jpg
おまけ
交差点で見かけた原作絵バージョンのラッピングバス。

昨日は飯能の奥地にある棒ノ嶺に行って来ました。
ヤマノススメの原作では楓、ゆうか、あおいの3人で登る山で
アニメの13話で登場した名栗湖に登山口があります。

00.jpg
今回は白谷沢沿いを登り、滝ノ平尾根を下るルートを選択
原作の1カットに櫓が描かれていたのでこのルートで下ったものと思われます。
今回はラッピングバスに乗るため、自家用車でのアクセスではありません。
8時に登山開始、10:30に頂上、12:00下山開始、14:00さわらびの湯到着
という行程を計画しました。

01.jpg
午前7:00 名栗湖行きの始発バスに乗るべくバス停へ集合
バスは満席で座れず・・・ ほぼ全員がハイカーっぽい感じ。

02.jpg
名栗湖(入間ダム)
うーん良い天気!


03.jpg
ダム沿いをしばらく歩きます

04.jpg
バス停から25分程度で白谷沢登山口到着

05.jpg
ここから始まります。
しばらくは森の中を歩きます。

06.jpg
木漏れ日がさしてとても綺麗

07.jpg
沢にでました。ここからがこのコースの醍醐味です。
沢を跨ぎながら沢沿いを登ります。水の中をジャブジャブ進むという
ワケではないですが、防水の靴は必要でしょう。
それと濡れた岩は滑りやすいので細心の注意が必要です。

08.jpg09.jpg
こんな感じで進んでいきます。
とても新鮮な感じで面白いコースです。

10.jpg
鎖場というか鎖のフェンスのような感じ

11.jpg
これが見えたら一段落

12.jpg
一旦林道と合流

13.jpg
滝ノ平尾根コースとの分岐にある岩茸石
この巨石の向こう側が帰りのコースになります。
実はこの時緊急車両のサイレンとヘリの音で一時騒然となりました。
真下の林道を消防車と救急車が走行して、防災ヘリがホバリング
しているのが見えました。
後から登ってきた人曰く、後続パーティーでけが人が出たらしいとのこと。
我々も注意せねば。

14.jpg
ここからはしばらくゆるやかな登りで、ベンチなどが設置されています

15.jpg
適度に休憩しながら進むのが秘訣。

16.jpg
登山道が養生中なので横を通ります。ここが見えたらもうすぐ山頂です。

17.jpg
だんだん開けてきました。あと一息!

18.jpg
到着!視界が一気に開けて絶景が広がっています。

19.jpg
山頂はかなり平坦で広いです。標高1000m無いですが
とても良い景色で、疲れも吹き飛ぶ感じ。
時間は予定通り10:30でした。写真撮りながらゆっくり登ってきましたが
ほぼコースタイムどおりです。

20.jpg
メインイベントその1、昼食タイム。
今回はコッヘルでの炊飯に初挑戦。事前に水に浸しておいたお米3合に
水600ccを加えて沸騰するまで強火で、吹き零れたら弱火で水がなくなる
まで待って、10分蒸らして出来上がり。初めてでしたが芯も無くちゃんと
炊けました。その間レトルトカレーを温めたり、ウインナーを焼いたりして
お昼ごはんの完成!
山頂で食べる炊きたてご飯とレトルトカレーの味は格別でした。

21.jpg
片付けを終える頃にはかなりの人が山頂に居ました。
こっちは予定通り12時に下山開始です。
下りは尾根沿いをひたすら下りるのですが、意外と歩き難い場所が
多くて体力を消耗します。

22.jpg
14時さわらびの湯に到着

23.jpg
ヤマノススメののぼりが目印!w

24.jpg
館内のヤマノススメ倶楽部にはグッズが沢山。
アニメ本編にはまだ登場してないしですが、すでにこの力の入れよう。
これでアニメでここまでやらなかったらかなりショックかなw

温泉はあまり広くないので結構な混みようでしたが、ゆっくり浸かって
汗と疲れを流しました。バスは、ラッピングバスの運行スケジュールに
合わせて16:03分に乗ります。

25.jpg
来ました、ラッピングバスです。

26.jpg
ちゃんとラッピングされてます。どこかの富士急行線コラボとは気合が違いますね
満席だったため帰りも座れず・・・また40分立ち続けることに。

27.jpg
外装もさることながら内装もこのこだわりよう。

28.jpg
帰りのバスは楓さんのアナウンスが流れてました。常時ではなく
行程中に3回程度ですのでちょっと寂しい。

今回の棒ノ嶺登山は個人的にとても楽しかったです。天気にも恵まれ
絶景も堪能できました。さて、次の山は15話に一瞬出てきた天狗岳を
計画中。天候しだいですが雪山になる前に、11月中旬までには登ろう
と相談しています。



土曜はとても天気が良かったので紅葉狩を兼ねて霧ヶ峰に行って来ました。
今年の夏に訪れた時は深い霧で何も見えなかったですが、今日は綺麗な
秋晴れに紅葉が映え見事な景色が広がっていました。

a00.JPG00.jpg
今回あおい達が歩いたコースと同じコースを辿ります。
コースタイムで3時間半の行程ですが、休憩を含めて4時間でした。

a01.JPG01.jpg
車山肩の駐車場。立ち入り禁止の場所から撮らないと一致できませんね

a02.JPG02.jpg
最初はしばらく細い道を下るのですが、その途中から撮った写真
あまりチェックしながら歩いていないので真剣に一致させようとは思ってませんw

a03.JPG03.jpg
ヒュッテジャヴェルのあたりです。このあたり道がかなりわかり難くて
難儀しました。しかもぬかるみに踏み込んで靴が濡れたし・・・
まあ歩いているうちに乾きましたけどね。

a04.JPG04.jpg
鹿よけの柵

a05.JPG05.jpg
右側の人用から入ります。あけたら閉めましょう
ここから左手は八島ヶ原湿原です。

a06.JPG06.jpg
八島ヶ原湿原

a07.JPG07.jpg
物見岩への登りの途中からみた湿原

a08.JPG08.jpg
物見岩です。丁度お昼だったのでアニメ同様ここで昼食。
今回はコンビニで買ったパンとおにぎりでした。
ほかにも5,6組がお昼を食べていました。紅葉が見ごろな割りに
混んでなかったのでラッキーでしたね。

a09.JPG09.jpga10.JPG10.jpg
蝶々深山から見た車山

a11.JPG11.jpg
蝶々深山から一旦下ると途中から木道になります。
ここから右手に車山を見ながら車山乗越へ。
そこからは急登の階段で車山山頂へ向かいます。
個人的にはこの階段が一番きつかった。

a12.JPG12.jpga13.JPG13.jpg
山頂にある気象ドーム
原作ではここで昼食を食べています。

スタート地点の車山肩から山頂までの標高差は100m程度と確かに楽
ですが、今回のコースは一旦1600m半ばまで下るのと、距離としては
10kmほどあるのでそれなりの運動にはなります。

この後はビーナスラインを美ヶ原へ向けてドライブをしました。
ここ一帯へは何度か来ていますが意外と天気に恵まれないことが多く
晴れた日に紅葉を見れたのは初めてでした。

美ヶ原の後は温泉です。今回は東御の明神館アートヴィレッジへ行きました。
ここのお湯はとても良かったですし、お風呂も綺麗で入浴料が500円と安く
かなり良いところだと思います。宿泊もできるようで、いつか利用してみたい
と思います。

以降霧ヶ峰、美ヶ原の風景をどうぞ

14.jpg
15.jpg16.jpg17.jpg18.jpg19.jpg20.jpg21.jpg22.jpg23.jpg


10/4に三つ峠に登ってきました。翌週は友人の都合が悪く、
前日の予報では晴天だったためこの日に登ることに。

ちゃんと巡礼するなら富士急三つ峠駅からのピストンと
するところですが、今回は友人の車でだるま石まで行きます
これで駅から登山口までの片道90分近くを省略可能。

01.jpg02.jpg
あおい達が下山後に入浴したグリーンセンターに到着
作中では温泉と言ってますが温泉ではありません。

03.jpg04.jpg
神社

05.jpg06.jpg
岩風の公衆トイレ

07.jpg
神鈴の滝
アニメの作画では公衆トイレのあたりからみたような滝ですが
神鈴の滝はそこから更に進んだ場所にあり、アニメとは異なります。

08.jpg09.jpg
説明にある通り人工の滝です。

10.jpg
登山口に到着。4台くらい駐車できるスペースがあります。
この時先客は1台だけでした。午前8時スタートです。

12.jpg
11.jpg
橋を越えて山道を少し歩くと一旦舗装道路へ出ます。

13.jpg14.jpg
ここからが本番?すぐにだるま石があります。
だるま石から山頂までの標高差はおよそ900mで距離は4km弱なので
結構な平均斜度ですね。

木の生い茂る登山道をひたすら登ります。標高が低いのでほどんど
こんな感じです。今回登っているルートはキツ目のコースなので
登りでは他の登山客とは数組しか出会いませんでした。

15.jpg
股のぞきより。前日の予報では晴れだったのですがご覧のとおり。

16.jpg
馬返し ここから急登かつ細い道が多くなります

17.jpg18.jpg

19.jpg
八十八大師
ここで一拝みすれば四国八十八か所めぐりと同じ効果があるという
お手軽な場所らしいw
ガスが押し寄せてきて視界が悪くなってきました

20.jpg
親不知 ほかにも不二石等名前のついた石がありました

21.jpg
あおいがビビっていた場所。ガスのせいで高度感は殆ど感じず。
晴れていたとしても大差ないと思うので、過度の期待しない方がいいかと。

22.jpg
屏風岩までくるとこれまで閑散としていた登山道とは打って変わり
多くのクライマーが練習していました。ちょっと面白そうだと思ったりw

屏風岩をトラバースするとあと少しです。

23.jpg
階段を登ると四季楽園に到着~
ヤマノススメのポスターもありますね。
重機や車があったのでここまで車(許可車両だけでしょう)が
通れる道があるみたい。

お昼の前に山頂を目指します。
24.jpg
NHKの電波塔の脇をとおって最後の階段を登ると三つ峠山頂です。

25.jpg26.jpg
山頂はあまり広く無いですし、富士山など影も形も見えないので
四季楽園まで戻りテーブルで昼食。

登っているときは殆ど人を見かけなかったのに山頂付近には
結構な人数がいました。やはり、多くの登山者は河口湖側から
登ってきてるんですね。

27.jpg
一人100円払ってテーブルをお借りしてお昼ご飯です。
今回はカップヌードルとサタケの牛飯とウィンナー。
ウィンナーは切れ目を入れて塩コショウで味付けしたものを
冷凍してジップロックで持参
メンバーが3人だったのでストーブ2つ持ってきました
登山後に食べるご飯は美味しいなぁ
食べ終わる頃にはガラガラだったテーブルも殆ど満席に。
こんなに人が居たんだ!

それでは来た道を戻ります。
下りは体力は使わないけど慣れていないとすぐ足に来ますね。

下山後はやはり温泉に入りたい!との全員一致の意見により
グリーンセンターではなく芭蕉月待ちの湯に行きました。
三つ峠からはちょっと離れていますが、広くてきれいないい温泉
でした。周りはゴルフ場が多いので利用客もゴルフ語の人が
多いように感じました。

入浴後の夕食は焼き肉。そのまんま東も来たという、みなきんへ。
土曜の夕食時でしたが客は誰も居らず、一抹の不安を抱えつつ注文。
味は悪くなく、3人で1万円いかなかったので安くてそこそこ美味しく
ハズレではなかったです。このあたりは国道近くで車は結構通って
ますが、出歩いている人が殆どいないので、これが普通なんでしょうね。
帰りは危惧していた中央道の渋滞もなく、すんなりと帰宅できました。

今回の三つ峠登山はまず、天気が良くなかった!晴れ予報でしたが
台風からの湿った風の影響で山頂付近がガスで覆われてしまってました。
体力的には谷川岳の天神尾根ルートより疲れました。前日まで風邪気味
だったせいもあるのかもしれません。
それと暑かった。台風の影響で気温と湿度が高かったため、相当汗を
かきました。タオルが絞れるほどでした。
Finetrackのドライレイヤーを着ていたので汗冷えはしませんでしたが
ベースレイヤーは触るとぐっしょり。ドライレイヤーマジ凄いです。
コース的には難しい場所や危険そうな場所はなく、普通の山歩きという
感じでした。ここと比べると谷川岳の天神尾根の方がまだテクニカルと
言えるでしょう。今回も筋肉痛やひざの痛みはありませんでした。
谷川岳に続き山頂での天候に恵まれません、どちらもリベンジ対象ですね。

カウンタ

2015年12月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
お天気プラザ お天気アイコン

アーカイブ

2012年期待作

  • 花色ヘプタグラム 応援中!
  • 『大図書館の羊飼い』は2013年1月25日発売予定です。
  • 『いま妹』 応援バナー frs001bn020
  • 応援バナー 四織 200x200
  • 千毬_200x200
  • 「古色迷宮輪舞曲 ~HISTOIRE DE DESTIN~」2012年7月27日発売予定
  • FaintTone|Reon
  • ま~まれぇど新作第7弾『恋色マリアージュ』
  • チューニングラバー中二病ドタバタラブコメディ
  • 『紅蓮華』応援中!
  • AXL新作第8弾「Dolphin Divers」 2012年6月29日発売予定!
  • 【プリズム◇リコレクション!】情報ページ公開中!
    • 好評発売中
  • Princess Evangile W Happiness応援中!
  • ALcot ハニカム 『1/2 summer』 応援中!
  • 『初恋1/1』応援中!
  • 「夏色あさがおレジデンス」応援キャンペーン開催中!
  • 『えれくと!』を応援しています!
  • Etoiles カラフル☆きゅあー 平成24年6月29日(金)発売予定 一ノ瀬花夏
  • 『フツウノファンタジー』|EX-ONE
  • ティンクル☆くるせいだーすPSS
  • 魔法使いの夜
  • Powered by Movable Type 4.12