メーカー アルター
原型製作 爪塚ヒロユキ
スケール 1/7
全高 300mm
材質 PVC

爪塚氏渾身の作と言えるフェイト、アルターのPVC完成品では
最高レベルの出来でしょう。設置スペースも半端ではなく、特に
ライオットザンバー装備時は560mmという1/7サイズとは思えない
広がりのある作品です。レビュー写真の撮影時もザンバーでは
撮影ブースぎりぎりで、フレーミングが厳しすぎたためブレードに
せざるをえませんでした。アルターのなのはStSシリーズはどれも
非常に気合の入った出来ですがこのフェイトはその中でも際立っています。

ツインテールをなびかせてライオットブレードを構える姿がカッコイイですね
先ず目を引くのがツインテールでしょう。素材はABSですのでダレる心配は
ありません。このツインテール一つで金型一つという恐るべき贅沢仕様です。

表情といい、髪の流れ具合といい細部まで一切妥協を感じません

ボディラインがいいですね〜

太ももの肉感がたまりませんな

ホントどこから見てもカッコイイです

あまりにデカすぎるザンバーフォーム

私がフィギュアの道に入るきっかけとなったのが約3年前に
発売された爪塚氏のA's版フェイトでした。なので色々と
思うのところのあるこのフェイトですが、PVCフィギュアの
完成度がここまで高くなるとは当時思ってもいませんでしたね。
これからはこのレベルの作品が当たり前の時代になっていくの
でしょうね。やはりアルターは強かったと思わせる2009年でした。

ななの館 チラシの裏に戻る