メーカー ボークス
原型製作 ちょろすけ
スケール 1/7
全高 210mm

ボークスの新PVCフィギュアシリーズのモエコレPLUSの第一弾
アリスソフトの超昴閃忍ハルカより鷹守ハルカです。
ボークスと言えばドールやキャストキットとコールドキャストが
メイン商品で、PVC製はアクションフィギュアのかすたまPシリーズと
ノンスケールのM.O.E.BurningだけでこのモエコレPLUSがPVCスケール
フィギュアの本格参入シリーズになるかと思います。
ボークスのPVCは他に買ったことも無くて本命の初音ミクの出来が
非常に気になるところでしたので同シリーズの第一弾でモエコレPLUS
の完成度を見たかったというのが最大の購入理由です。

 

ハルカのPVCフィギュアは何故かみな片足立ちですね。
これも戦闘シーンを切り取ったかのような躍動感のある
ポーズでの立体化でです。PVCで片足だとヘタれが気になる
ところですが軸足の左足は右足にくらべ明らかに硬く
きちんと対策されているように思えます。

 

造形は非常に良いと思います。私はコトブキヤ版よりも好きです。
アイプリントも綺麗ですし顔に関してはかなり良い出来と言えるでしょう。
しかし、AZURE Toy-Boxさんも言及されているように分割線が目立つ
のが非常に残念。もっとよく見ると表面の処理も甘く塗装の粗も目立ちます。

 

太ももが素晴らしい。

 

台座と足袋周り

塗装のはみ出しが勿体無いです。

 

マフラーはABS製の別パーツになってます。

全体的な造形とフィギュアの命ともいえる顔の出来は良いです。
しかし表面処理と塗装がちょっと残念というのが感想になります。
でも予想していたよりも全体的に見れば良い出来だったと思います。
この後はナリカ→初音ミク→鏡音リン&レンとシリーズは続きますが
ナリカはスルー予定でミクとリン&レンは予約済みなのでシリーズの
更なるクオリティアップが図られる事を切望します。