メーカー ボークス
原型製作 ミルヒ・シュトラーセ
スケール 1/6
全高 220mm
材質 PVC+ABS

ミクフィギュアで密かに一番期待していたボークス版です。一度延期してしまいましたが
先日やっと発売になりました。佐川から届いたのは夜だったので帰宅後に受け取れたのは
運が良かったといえるかも。原型は悠木陽菜も手がけているミルヒ・シュトラーセ氏です。
ボークスのフォアテリスタチューでダントツに可愛いのが陽菜なので今回のミクにも期待が
かかるというものです。第一弾だったハルカを見た時はまだまだ粗が目立つ仕上がりでしたが
ミクでは大分改善されています。アップで見ると仕上げ面でまだクオリティアップの余地が
ありますが、全体の雰囲気や造形はGSC版より気に入ってます。

ツインテールのボリュームがかなりありますが中空のABS製なので
予想以上に軽いです。GSC版に比べると髪がもっさりした印象を
受けますがこっちの方がKEI氏のイラストに近いです。

 

前髪の造形も大味な印象を受けますがこれもKEI氏のイラストに忠実です。
髪の根元にまだゲート跡が見受けられますがハルカに比べれば目立たなく
なっており延期の甲斐があったのかなと思います。表情は凛々しさの中にも
可愛さがあるKEI氏の特徴を良く再現していますね。

スカートの塗り分けや仕上がりはアップで見ると若干荒いです。マーキングはプリントではなくデカール?なので良く見ると枠があります。

腕にはVOCALOID2 キャラクター・ボーカル・シリーズのトップを表す01のナンバー

YAMAHAのシンセサイザーDX7をイメージしたデザイン

ツインテールのパーティングラインが目立つのが残念

仕上げ面ではGSC版の方に分がありますが、イラストの再現度
顔の好み、ポーズ、全体の雰囲気等仕上げ以外の全てで
ボークス版の方が好きです。もちろんGSC版の出来も十分
素晴らしいのですが、初音ミクの決定版はボークス版という
のが私の結論です。これは来月のリン&レンも期待できそうです。

ななの館 チラシの裏に戻る