今年最初の大期待作  Wind - a breath of heart -

この作品は良い点と悪い点がハッキリしています。
まず悪い点ですけど、シナリオの大半を占める共通シナリオのデキがイマイチというとこです。
殆ど何も起こらずしかもテキストにメリハリがなく淡々と進む・・・
これが結構辛いんですよね。私も続けてプレイできなくて、小休止を挟みながらやりましたから。
次に立ち絵があまり良くない点です。背景とイベントCGはとても綺麗なのでかえって目立ちます。
全体的に塗りが野暮ったく感じます。あと好みの差ですが、目がデカすぎ。特に望。

次にシステム系ですが、各地で動作不安定という報告が出てますが、ウチのWin2kでは
動作そのものは安定しています。ただ、スキップが遅い(現在対策中らしい)、既読スキップが中途半端。
これは音声を再生しないようにしないと音声は全て読むのと、どうも既読判定を本当にやってるのか疑問という点です。実際読んだこと無い文章をスキップしようとするとスキップ出来てしまうので、この点も改良して欲しいですね。たしかBSFは既読
スキップはなかったと思いますが。

あまり悪い点ばかり書いてると巷に溢れる叩き意見と同じになっちゃうのでこれからは良い点を書きます。
基本的に私はこのゲームを非常に気に入ってますし、他に叩いているサイトもあるので
批判はそちらにお任せします(笑)

まず何を置いてもムービーでしょう。これにつられて買った人が多くいると思います。
かくいう私も購入動機の大部分をしめてましたから。それほど素晴らしいムービーです。
OVAでもこれほど完成されたOPはそう無いといえるでしょう。さすが新海誠氏ですね。
それとOPに非常にマッチした主題歌。楽曲提供はTWOFIVEでとてもTWOFIVEらしい曲です
第2部の始まりにも別のムービーが挿入されますが、そちらの出来も保証付きです。
曲調はOPとは対照的な曲を使用しており第2部の導入として非常に効果的ですね。

次にシナリオを見ていくと、確かに第1部は退屈だといわざるを得ませんが、第1部の
後半からキャラ別ルートに入ってからはとても良く出来ていると思います。特に
彩、わかば&望ルートは秀逸です。彩エンドは恐らく賛否両論分かれるでしょうが
私は作品のエンディングとしてはベストであると感じています。どういう事を言って
いるのかは各自プレイして確認して欲しいですね。

CGに関してはイベントCGと背景が素晴らしいですね。特に背景はノスタルジックかつ
ファンタジックな雰囲気を上手く表現できています。また随所に挿入される夕焼けの
CGも今まで発売されたゲームの夕焼けシーンで1,2を争うほどだと思っています。
イベントCGの出来が良いため立ち絵の荒が目立っているのだと思います。

結論としては、期待通りの出来であると私は思います。第1部をもっとスマートに面白く
演出し、第2部をもっと深く描くことが出来ていれば殿堂入りも出来たかもしれません。
システム面に不満は残るものの、私は十分満足出来ましたし良作だと断言できます。