そして明日の世界より―
メーカー etude
原画 植田亮
企画/脚本 健速
音楽 I've

久々にジーンとくる作品に出会えました。3ヵ月後に彗星が落下して地上の生命の大半が
死滅することがわかったとある小さな島での主人公達の生き様を描いた作品です。
避難用シェルターに入れるのは5万人に一人・・・どこかで聞いたような話だと思ったら
映画ディープインパクトですね。

脚本担当の健速氏の特徴としては安易に奇跡を起こしたりしないこと、物悲しいはずの
終り方をハッピーエンドにしてしまう所、そして主人公達の本当の幸せをプレイヤーの
想像に委ねるためにその余地を残した終り方を好むこと、後は難解な展開ではなく案外
ストレートな描き方をすることでしょうか。もちろん用いる言葉ひとつひとつには深い
意味を持たせている部分もあり底の浅い文章という訳ではありません。
この作品もまさに健速節全開で「こなたよりかなたまで」とかなり似た構成と言えます。
特に主人公の取る行動がそうで彼方の名台詞「未来の全てと引き換えに、今と思い出と
君たちを選ぶ……!」を地で行きます。ある意味こなかなで書ききれなかった部分を
昇華した完全版といえるかもしれません。

話の展開をみると序盤から中盤にかけてはやや平坦でダルい部分が多く感じられました。
盛り上がるのは7/12あたりからですので前半部分にもう少しメリハリを付けて欲しいところ。
そうすれば1stプレイでの印象も大分良くなると思います。中盤までは共通パートが
多いのですがそれはこの作品がどのヒロインにおいても同一のテーマで描かれているから
だと思います。各ヒロインも主人公との位置付けとしてはこの手のゲームでは普通で
奇を衒ったものではないのですがとても魅力的でどのキャラもクリアしたくなりました。
最近ではクリアしたくなるキャラが一人や二人というゲームも多くそういう点でも評価できます。
これは原画の植田氏の魅力によるところも多々あると思います。個別ルートではそれぞれの
ヒロインと主人公の葛藤を一つのテーマで色々な視点から描かれており主人公の行動も
一貫しています。健速氏の書く主人公は普通の少年が多いのですがそれがとても格好良い。
Hシーンは各ヒロイン最低2回、多くて3回です。結局のところどのルートも究極的には
同じ終り方といえるかもしれませんがこれは全END終了後に最初から始めるとプレイできる
Afterへ繋げるためですので是非最後までプレイして欲しいところです。

この作品の見所?の一つとしてBGMの録音が非常に良いということが挙げられます。
レンジの広さ、チャンネルセパレーション、音の透明感、ボーカルの定位、どれを取っても
エロゲではとても高水準でマスタリングレベルの高さが伺えます。
うちのクレモナがこれほど心地よく鳴るエロゲはそうそうありません。ピュア環境がある
方は是非試してください。またサントラ、イメージアルバム共に良録音です。

最後にこの作品はシナリオ、CG、音楽どれもとてもレベルが高く個人的には満足です。
しかし健速氏の作風は好き嫌いが分かれると思いますのでもし氏の作風が嫌いでないなら
プレイする価値のある作品だと私は思います。

                                   2007/11/25