世界でいちばんNGな恋
HERMIT
原画 みこしまつり
脚本 丸戸史明with企画屋

11月22日商戦の最後を飾るのは丸戸史明with企画屋の本作です。
設定だけみるとめぞん一刻を思い浮かべる人は多いと思いますが
めぞん一刻はこの手の話のパイオニア的存在なので仕方ない部分は
あるでしょう。ただ、めぞん一刻で印象的だったシーンと似た
場面もいくつか見受けられたので丸戸氏が意図的にはめぞん一刻の
オマージュを盛り込んでいるのではと考えています。

私は丸戸氏の作品は戯画作品しか触れたことが無かったので本作は
期待半分不安半分でした。確かに戯画系とは若干毛色の違う作品
なのですが会話のテンポや伏線とその回収、話の盛り上げ方等は
やはり丸戸氏らしさは存分に発揮されています。
今回はコメディ色の強い作品なので重い展開になりそうでもちゃんと
オチがつくのでプレイ後にしんみりした余韻はありません。
本編はTVアニメ形式で1話ごとにOPが入りヒロインによりますが
全7〜14話くらいが1キャラ分です。それと共通部分が結構多く、
ヒロインの個別ルートは2話分ほどです。そのため全員クリアするの
にかかる時間は比較的短めです。
ちなみに私が一番良かったと思うシナリオは姫緒ルートでその次が
美都子ハッピーエンドです。姫緒ルートは一番丸戸氏らしさが出ている
んじゃないでしょうか。

全体を通してみるとテキストも軽快で面白いしキャラも立っていて
きちんと纏まった良作なのは間違いないでしょう。
ただ個人的には美都子以外に魅力を感じなかった事とキャラデザが
あまり好みでは無い事、戯画系の丸戸節の方が私の好みに合っている
事などからそこまで評価は高くありません。

総括
11月22日商戦の3作品をプレイした感想はやはりキラ☆キラの出来が
予想外に良かったという事です。そして明日の世界まで−はある意味予想通り
でしたし、世界でいちばんNGな恋も妥当なところでした。
エロゲーという括りでみるなら世界でいちばんNGな恋が一番一般?受けするでしょう。
エンターテインメントとしてみるならキラ☆キラが一番面白いと思います。
そして明日の世界まで−はプレイヤーを選ぶ作品なので手放しで推薦できませんが
こういう話が好きな人にはたまらない作品だと思います。
最後にこの3作品を無理やり順位付けするなら
1、キラ☆キラ
2、そして明日の世界まで−
3、世界でいちばんNGな恋
となります。あくまで個人的な感想ですが。

                                   2007/12/6