鬼哭街
Phantom of Infernoで一躍名を馳せたニトロプラスのストーリーノベルです。
選択肢を廃して純粋に話を堪能する本作は、小説と違い音楽と映像の演出も
加わり、私達を虚淵ワールドへと誘います。個人的にはこういう作品は今後も
もっと出てきても良いと思います。確かに本作はゲームではなく話も1本で
小説という形でもいいじゃんという意見もあるでしょう。しかし音楽と映像
が付加する事による演出効果は絶大です。小説とは一味違う醍醐味が味わえる
と思いますね。ところが分岐が無く1本シナリオでユーザーを満足させるには
かなりの部分を脚本家に頼らざるを得ません。現在のPCゲームの脚本家の多く
はおそらく無理でしょう。本作の脚本は卓越したセンスと構成力で独特の世界
観を作り出しPhantom,ヴェドゴニアと素晴らしい脚本を書かれている虚淵玄さ
んです。氏の書く脚本は読むものを惹きつける力があります。本作でもその
実力を遺憾なく発揮されています。私は最初この作品には懐疑的でした。確か
に1作目、2作目と惚れ惚れするほどのシナリオでしたが、流石にそう会心の
脚本を続けられるわけが無いと踏んでいたからです。でもそれは始めて5分で
改めさせられました。実際には最初の1文を読んだだけでそれは感じてました。
やはりアクションシーンの描写で氏の右に出るものは居ませんね。世界観も、
個々のネタ的には目新しいものは無く、他でも見かけますがそれらを融合させ
見事に昇華させています。ココが氏の凄いところだと思いますね。十分堪能させ
て頂きました。プレイ時間から鑑みるにボリュームは一般的な文庫本2冊程度
と思われますが、これほど集中してテキストを読んだのは実に久しぶりの事でした
敢えて言えばちょっともう少しボリュームが欲しかったですね、仇キャラに
ついてもう少し掘り下げた描写があったほうがよかったかも。
それと漢字に読み仮名が欲しかったです(汗)。読めない単語が多かったし…
国語辞典を片手にプレイしてましたけど、中日辞典も必要でしたね。

音楽ですが、ニトロプラスの音楽はカッコイイんですよね。時には荒々しく、
時には静かに、物語を演出してくれます。それと歌が1曲あります。実は私も
知りませんでしたけど、いい曲でした。サントラ買いに行かなくちゃ。
それとHシーンですけど、設定上必要最低限しかありません。私はこの点は問題無し
でした。やはり本作はゲームとして見るのではなく、小説の延長として見るべき
作品です。プレイする方はこの点を認識した上でプレイしてください。
かなり私情を挟んだ感想ですけど、畢竟言いたいことは鬼哭街はプレイしても損は
無いということです。そしてもし気に入ったならば他のニトロ作品もプレイして
欲しいです。
                                    2002/5/13