キラ☆キラ
OVERDRIVE
原画 片倉真二
脚本 瀬戸口廉也

内容には大した期待もしていなったし瀬戸口廉也氏の手がけた作品も
プレイしたことが無かったのですが何か私のアンテナに引っかかる
物を感じたので購入しました。22日は多数のゲームが発売になった
激戦区ですが実質丸戸氏VS健速氏の一騎打ちなんだろうなと思って
いました。先にプレイした健速氏のあすせかとは全くタイプの異なる
作品ですが面白さでみれば甲乙つけがたい良作です。
あすせかは全てが美しい切ない系であるのに対しキラ☆キラは
ワクワクしてくる青春バンド物です。純粋にエンターテインメント
として見るならキラ☆キラが数段上でしょう。

インストールしてとりあえずOPまでやるかと始めましたがいつの間にか
作品に引き込まれてました。あすせかは序盤が平坦なのでいきなり
のめり込むことは無かったのですが、こちらは全体通してテキストが
面白くメリハリも効いているので序盤からいきなりでした。
また、登場人物たちがバンドを結成してからの展開のテンポが
軽快で先が気になる構成も手伝って個別ルートに入るまで一気にプレイしました。
作品としてはパンクロックバンドを題材おり中々マニアックなネタ
も出てくるのですがそれらを知らなくても十分楽しめるようになっており
知っていればニヤリとしたくなること間違いないでしょう。
チャプター2まではホントにワクワクしました。これは登場人物と同年代
では感じ得ないかもしれません。おそらく20代後半以上の人が一番このゲーム
の良さを感じるのではないかと思います。

チャプター3以降はそれまでと一転してキャラクタの心情にスポットを当てた
展開になります。全編通して鹿之助の心の成長が作品のテーマと言えるため
前半とのギャップが激しいですが心理描写に定評のある瀬戸口氏の手腕が
見事に発揮されており重い話なのですが上手く纏め上げてあります。
この作品のタイトル的にもっともマッチしているのは千絵シナリオでしょう
キャラクタ的にも千絵姉は一番気に入っているので個人的には千絵ルートが
一番好きです。

音質面では結構波があります。通常BGMは大体普通のエロゲレベル
ですが、アコースティック系のBGMは透明度も高く音の広がりも
中々です。音作りは凝っておりライブハウスではそれっぽく
聞こえるように作ってあります。環境音のリアリティもかなり高いです。
背景とキャラCGは特出した出来ではなく普通ですが楽曲、録音、脚本は
かなりレベルが高いと感じました。
あすせかとどっちが面白いかと言われると個人的にはこちらを挙げたいです。

                                   2007/12/4