ロケットの夏 第一回 
     夏海千星

約2ヶ月ぶりにギャルゲーをやりました(^^;
実際はリネでマターリしてる時間の暇つぶしですが、一応きちんと
プレイしたつもりです。
本作は、しすたぁ☆エンジェルで個人的評価の上がったTerraLunarの作品で
発表当初から注目していました。プレイするまではオネアミスの翼っぽい
テーマの作品なのかなと思ってましたし、千星ルートに関してはそうだった
と思います。ノスタルジックな未来の話、1つのことに真剣に取り組むという
言ってみれば青臭い話です。しかしこの作品は昨今増えてきている暗喩的
手法で難解なシナリオ構成でなく、テーマをストレートに表現するという
実に分かりやすくエンタテイメント性の高いものだと思いました。
久しく忘れていた夢と冒険のロマンを思い出させてくれましたね。

プレイ時間は3時間くらいだったでしょうか?結構お手軽です。シナリオは
某所では超良作だと言われてますけど。個人的にはもう少しという感じです。
どうしてもオネアミスの翼が頭から離れなくて仕方ないのですが、シナリオ
演出等はオネアミスが数段上です。映画と比較するのも変なのですが
千星シナリオに関してはオネアミスと通ずる所が多々有るので許してください(笑)
確かにテーマ、素材、舞台設定等は非常にいいのですが、演出やクライマックス
への導入がちょっと勇み足っぽいと感じました。ボリュームをもう少し増やして
演出を強化すれば私も超良作認定したことでしょう。それでも光るものは多く
ロケッティアという言葉の使い方はロマンを感じさせるもので、ライターの
センスを垣間見ることができます。個人的に好きなシーンはやはり千星が
ジャンクヤードのロケットの部品の上で主人公を納得させるシーンですね。
このシーンはホント鳥肌が立つくらいイイです。
しかしこのゲーム音声が無いのが凄く勿体無いです。これだけの雰囲気を
醸し出している作品故、それなりの声優を起用していれば…。
演出も殆ど静止画なのでAGESを使えばロケットシーンなどの盛り上がりも
さらなる物になっていたでしょう(笑)。

それでは千星に関して評価を数値化してみます(カッコ内は満点です)
シナリオ:15(20)
キャラクタ:8(10)
演出:4(10)
音声:−(10)
音楽:7(10)
グラフィック:7(10)
熱意:8(10)
システム:8(10)
個人的満足度:8(10)

得点率72%(100%)