GWゲーム地獄のラストを飾るのはF&C/FC01の「水月」です。
まず一言、このゲームは素晴らしいです。恐ろしく萌えます。雪さん尋常じゃないです。
私はF&Cのゲームは一応全て買ってきているのですが、はっきり言って名作だと
思う作品はありませんでした。基本的にシナリオがイマイチなのが多いのが最大の
理由ですが。本作も☆画野郎さんが原画を担当しているという点くらいしか期待して
なかったんです。

このゲームを始めてすぐ私はある疑問が頭に浮かびました。それは、コレってF&Cの
ゲームなのか?という疑問です。それほどF&Cらしくないです。特にシナリオはF&C
とは思えないほど良いです。今までの作品はキャラクタ性、ゲーム性を重要視していた
感じがあり、シナリオはお世辞にも面白い物はありませんでした。でも本作は違います
かなりシナリオに力が入っているのがわかります。それはプレイ時間にも反映されていて
1プレイ7〜9時間ほど。基本的にファンタジックな現象を扱っているのでルートによっては話
が難解で読み甲斐もあります。また全ての謎に対して明確な解を与えず、謎をそのまま
残している部分もありますが、この場合謎は伏線というよりも話に色を添えるための
薬味的役割を担っていると私は考えます。この点に関しては、ちゃんと謎解きをすべき
だと考えるプレイヤーには納得いかない所かもしれません。
しかし内容はかなり練りこまれており難解な文章が好きな私には楽しめるものでした。
テキストの多いゲームの場合話が冗長気味になり途中がダレる傾向にあります。水月の場合
それを感じさせないほどキャラクタが魅力的かつ萌えます。シナリオ内容が個人的に好み
なのもありますけど、読んでいて苦になるテキストではありませんでした。

原画は☆画野朗さん、ロリ系のCGを描かれる方です。好みは分かれると思いますが、私
は好きな部類でしたけど水月をプレイして大好きになりました(笑)。激しく萌えます、
冷静にプレイできないほど萌えます。テキストもキャラの魅力を十分に引き出すもので
その相乗効果による萌えは他に類をみません。また妹系キャラも登場するのですが、元が
ロリ系の絵なのでこれはかなりキてます。特に立ち絵とイベントCGのギャップが凄いです
恐らく意図的なのでしょうがヤヴァいレベルのロリさです(笑)
CGの塗りに関しては、はっきりしたセル画調ではなく、柔らかな感じの塗り方です。
これが作風とマッチしていてとても雰囲気がでています。CGのクオリティもTOPレベル
で立ち絵とイベントCGでクオリティギャップはありません。
惜しむらくはCG枚数が少なめな点です。これほど質の良いかつ萌えるCGなのでもっと
枚数が多ければまさにパーフェクトだったでしょう。
ちなみに私のお気に入りキャラは雪さんです。テキストを含めた萌えは想像を絶するもの
があます。

音楽はF&C御用達のTWOFIVEです。この作品で唯一F&Cを感じさせる部分でも
あります。ここの音楽の特徴は音圧差があまりなく非常にBGMっぽいというところでしょう
か。水月には主題歌は無く全てBGMとなってますが、音声が無いので主題歌は欲しかった
ですね。BGMの出来としては最初の頃は特別印象に残る感じはしなくて、普通の出来かな
と感じていたのですが、物語に没頭していくにつれBGMが演出に大きな影響を与えている
と気がつきました。ありきたりですが非常にシーンにマッチした楽曲です。一部過剰な感じ
を受ける曲もありましたけど、全体的には平均以上の出来であると思っています。

システム面は充実しており、殆どの機能を有しています。スキップ速度がちょっと遅いかな
とも感じる点と、読み返しがそれほど過去まで遡れない点、通常セーブがちょっと面倒な
点が欠点としてあげられます。しかし、最近氾濫している不安定なシステムと違い、動作は
非常に安定しており、膨大なテキスト量にもかかわらず誤字には気がつきませんでした、
脱字は助詞の欠落を1箇所確認しましたが、デバッグはほぼ完璧と言えるでしょう。
セーブ個所はしおり1つにつき20箇所でしおりは3つ。クリアするごとにディフォルメキャラが
追加されていきます。またこのディフォルメキャラは時々アニメーションをしており、しおりごと
に服装が異なる等細かな演出も見逃せません。

水月は私が最近プレイしたゲームの中では特出した出来であり、F&C作品では間違いなく
最高傑作だと思っています。絵柄に抵抗を感じないのであれば是非プレイして欲しい1本です。

                                             2002/5/8