今回はLeafの新作「うたわれるもの」ですね〜
ある程度期待していた作品ではありましたが、予想を上回る
いい作品でしたのでちょっと嬉しいです。
当初はサラっと感想を書こうかと思ってたんですけど、これほどの
ゲームの感想をそんな手抜きで書くのは私のプライドが許しません(笑)
というか、作品に敬意を表して真面目に書くことにしました。

このゲームはADV+SRPGという形式を取っているのですが、まずシナリオが
とても良く出来ています。終盤まで全然先が読めない展開と
奥の深いシナリオは時間が経つのも忘れるほど夢中にさせてくれました。
又、物語は第一印象からは想像できないほど壮大な広がりをもっています
そしてシナリオ重視の展開のため、物語は1本道で分岐はありません。
本作に関してはそれはいい結果に繋がってると思います。あまり裾野を
広げすぎると収集がつかなくなりそうですしね。
しかし内容について触れると殆どネタバレに繋がるので文章力の無い私には
魅力を伝えられないのがとても悔しいです。

次にSRPGパートは難易度を低く抑えてあり、テンポよく進むので
シナリオを堪能しやすくなっています。かといって戦闘は手抜き
では無く、チップキャラクターのアニメーションが凄くよく
出来ています。また攻撃タイミングにあわせてクリックすることで
連撃が出せるのもいいアイディアですね。

CGですが、キャラクターデザイン・原画は甘露樹さんです。私はこの方
の絵にはガード不能なので文句はつけられません(笑)
とにかくメチャメチャ可愛いです。それは置いておいて、CGのクオリティ
は流石ですね。立ち絵とイベントCGとのギャップは皆無で非常に丁寧
な作りです。また物語の雰囲気に合わせる塗り方をされているのでCGが
世界観ととてもマッチしています。CG枚数は登場人物の数に対して
ちょっと少ないかな〜という点以外は完璧でしょう。
それとHシーンに関しては主要キャラにつき1シーンある訳ですけど
シナリオに大きく影響を与える位置付けでは無いと感じました。
家庭用移植を意識してるのでしょうか?

音楽は雰囲気に合ったスケール感のある曲です。サントラCDが出たら
是非購入したいですね。また、挿入歌がとても効果的に使われてると
感じました。歌っている方はこみっくパーティーと同じ元田恵美さんです
5/22にCDが発売されるので凄く楽しみですね。
本作も今までのLeaf作品同様音声は有りません。それがちょっと寂しい
ですね。キャラクタがとても魅力的なので是非とも音声が欲しかったです。
でもまあ、家庭用移植は時間の問題でしょうからその時には音声が入る
と信じてます(笑)。

この手のゲームは家庭用では結構多いですが、ここまでシナリオが良く出来てる
と思った作品は無いですね。家庭用の場合多くは戦闘メインだからかも
しれませんけど。他にはキャラに頼りきったサ○ラ大戦みたいなに戦闘も
シナリオも中途半端なゲームもありましたっけ(笑)
とにかく本作はPCギャルゲーでは数少ない超大作のSRPGであると私は
感じました。プレイ時間が長めなので暇を見てじっくりプレイして欲しいです。

                                  2002/5/2

ここから先はお遊びです。
本作は声が無いのですが、私がプレイ中キャラごとにこんな声が良いな〜と
勝手に想像してたキャスティングです(笑)

ハクオロ 緑川光
エルルゥ 川澄綾子
アルルゥ 田村ゆかり
オボロ  関智一
ユズハ  能登麻美子
ウルトリィ 井上喜久子
カミュ  倉田雅世
カルラ  浅川悠
トウカ  久川綾
サクヤ  豊口めぐみ
クーヤ  ゆかな
ベナウィ 緒方恵美
クロウ  小野坂昌也
ムント  青野武
ゲンジマル 大塚明夫

ディー 子安武人
ハウエンクア 石田彰
ヒエン  宮崎一成

敬称略